ruruuunのブログ

まったくの自分用メモ。ほかこんなこと考えてるよメモ。メモメモメモ。

NOACの比較

26716830
 
◎初期、及び長期の治療と静脈塞栓におけるNOACsの比較(システマティックレビューとネットワークメタアナリシス)◎
 
P:DVTかPE、またはその両方と診断された大人の患者。
C:head-to-head comparison of the NOACs
O:
a)VTEとVTE関連死→これは次からなる複合エンドポイント。(DVTの発生、致死的、非致死的なPEとVTE関連死)
b)大出血
c)臨床的にみて関連がある大出血でない出血(CRNMbleedinng)
d)大出血とCRNM出血
e)すべての原因の死亡率
 
ITT解析である。
評価者バイアス:Literature searchからOK
出版バイアス:fig1よりOK
言語:?language→なし
 
TableS3からS6まで解析結果あり。(テーブルの違いがよくわからない)
結果としては、大出血かCRNM出血ではアピキサバンがダビガトラン、エドキサバン、リバーロキサバンに比べて有意に少ない。
関連死などの項目は似たりよったり。
 
疑問:なぜ今回の論文にI2がでてこないのか?

今日はここまでで終わり。アタマ疲れたー。