読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ruruuunのブログ

まったくの自分用メモ。ほかこんなこと考えてるよメモ。メモメモメモ。

ピロリの除菌と胃がんの予防

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26198377
 
コクランレビュー
アブストラクトのみ
Background:無症候性のピロリ菌感染患者の除菌は胃がんの発生を減少させるかもしれないがその効果はクリアでない。
 
Objectives:無症候性のピロリ菌感染患者の除菌は胃がんの発生を減少させるか。
Selection criteria:RCT(無症候性のピロリ菌陽性の大人の患者の胃がんの発生の予防。
・1wのピロリ菌除菌療法 with placebo or no treatment
・2年間のフォロー
・胃がんの定義:胃腺癌(腸型かびまん性)(組織の特定のありなし?)
 
Data collection and analysis
・胃がんの発生
食道がんの発生
・胃がんによる死亡
・総死亡
・治療による副作用
 
Main results
6つのトライアルはすべて基準に適合していた。
3つのトライアルはバイアスのリスクが低い。
1つのトライアルはリスク(なんの?)がクリアでない。
2つのトライアルはバイアスのリスクが高い。
5つのトライアルはAsian populations
胃がんの発生の予防:
H. pylori eradication therapy was superior to placebo or no treatment (6 trials, 6497 participants, risk ratio (RR) of developing subsequent gastric cancer 0.66; 95% confidence interval (CI) 0.46 to 0.95; moderate-quality evidence).
ピロリ菌の除菌は有意に胃がんの発生を予防する。
 
食道がんの発生の予防:
Only one trial reported effect of eradication of H. pylori on development of subsequent oesophageal cancer (2 (0.2%) among 817 participants assigned to eradication therapy, compared with 1 (0.1%) of 813 participants allocated to placebo; RR 1.99; 95% CI 0.18 to 21.91)
ピロリ菌の除菌は有意食道がんの発生を有意差なしに増やす。なんとも言えない?
 
胃がんによる死亡:
The effect of H. pylori eradication on preventing death from gastric cancer compared with placebo or no treatment was uncertain due to wide confidence intervals (3 trials, 4475 participants, RR 0.67; 95% CI 0.40 to 1.11; moderate-quality evidence).
胃がんによる死亡を有意差なく減らす。なんとも言えない。
 
総死亡:
There was no evidence of an effect on all-cause mortality (4 trials, 5253 participants, RR 1.09; 95% CI 0.86 to 1.38; moderate-quality evidence)
ほとんどかわりなし。
 
【感想】
ピロリ除菌によって胃がんの発生を予防できるが死亡率を減らすかは何とも言えない。
また、食道がんについては他先生の吟味もあったので再度考察する。
今の自分ではサンプルサイズなどの考察がまだできないので今後改善する。
 
このように、すでに考察されてある論文を読んで自分で考察して、それとどう違うのか一人添削してみるのもよいと思った。