読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ruruuunのブログ

まったくの自分用メモ。ほかこんなこと考えてるよメモ。メモメモメモ。

論文の読み方

 

◎私の疑問

ベバシズマブ+PEM+CBDCA療法の位置づけはなんだろう。

 

PointBreak: A Randomized Phase III Study of Pemetrexed Plus Carboplatin and Bevacizumab Followed by Maintenance Pemetrexed and Bevacizumab Versus Paclitaxel Plus Carboplatin and Bevacizumab Followed by Maintenance Bevacizumab in Patients With Stage IIIB or IV Nonsquamous Non–Small-Cell Lung Cancer http://jco.ascopubs.org/content/31/34/4349.long#.V19Ge7p_qDQ.

 

◎ベバシズマブ+PEM+CBDCA療法 4〜6コース実施し以降ベバシズマブを単独でPDになるまで

 

肺癌のガイドライン

https://www.haigan.gr.jp/guideline/2015/2/150002050100.html#a2-5-1_02

 

東北地方のがんネットワークによるプロトコールによると、

非小細胞肺癌(非扁平上皮癌)で使用根拠は

対象;stageIIIBまたはIV PS0〜1

phaseⅡ

介入;PEM+CBDCA

の試験による。詳しくみていない。

 

ただ、肺癌のガイドラインには上記の3剤の療法が樹形図には載っていず非扁平上皮癌(EGFR遺伝子変異、ALK遺伝子転座陽性もしくは不明)PS0ー1 75歳未満の項の解説に維持療法の比較の第3相試験の結果として載っている。

そこで、上記の論文を見つけ読んでみることに。

ここで

☆ 論文の読み方☆

というすてきな記事をGノートでみつけそのとおりに読んでみることにした。

 

【titleをしっかり把握して、abstractを読んで、introductionの最後のパラグラフを読んでresultの一番最後の図表をみてdiscussionの最初のパラグラフを読みましょう】

 

とりあえず初歩の私はすなおにそのとおりに。

タイトルより

P;Patients with previously untreated stage IIIB or IV nonsquamous NSCLC and Eastern Cooperative Oncology Group performance status of 0 to 1 

E;pemetrexed (Pem) plus carboplatin (C) plus bevacizumab (Bev) followed by pemetrexed plus bevacizumab (PemCBev)

C;paclitaxel (Pac) plus carboplatin (C) plus bevacizumab (Bev) followed by bevacizumab (PacCBev) 

O;OS

In this multicenter, United States only, randomized, open-label, phase III study, the primary 

ITT解析

【イントロダクションの最後のパラグラフには仮説が書かれています。】

With the emerging role of pemetrexed in treatment of nonsquamous NSCLC, there was interest in evaluating pemetrexed in combination with bevacizumab. A single-arm phase II study of pemetrexed plus carboplatin plus bevacizumab followed by pemetrexed plus bevacizumab maintenance (PemCBev) demonstrated efficacy (OS, 14.1 months; progression-free survival [PFS], 7.8 months) and acceptable safety.10 These phase II results with PemCBev were the basis of the phase III PointBreak trial (A Study of Pemetrexed, Carboplatin and Bevacizumab in Patients With Nonsquamous Non-Small Cell Lung Cancer). The primary objective was comparison of OS for PemCBev with paclitaxel plus carboplatin plus bevacizumab followed by bevacizumab (PacCBev) for treatment of patients with advanced nonsquamous NSCLC.

【リザルトの一番最後の図表には一番いいたいことを図表にしてアピールしています】

f:id:ruruuun:20160615000644j:imagef:id:ruruuun:20160615000654j:image

【ディスカッションの最初のパラグラフには自信をもってアピールできる点がかかれていることが多いです】

PointBreak contributes to the published experience of bevacizumab in combination with platinum-based doublets in patients with advanced nonsquamous NSCLC. PointBreak did not meet its primary end point of improved OS in PemCBev. The median OS achieved for both arms in PointBreak (12.6 months, PemCBev; 13.4 months, PacCBev) was comparable to the median OS for the paclitaxel plus carboplatin plus bevacizumab arm in ECOG 4599 (12.3 months).

 

◎感想◎

たしかにそのとおりかかれているもんだなと思いました。

プライマリアウトカムは両群で差はないが維持療法が両群で違うのは、わけがあるのかな。

もし、維持療法が同じならpem vs pacになるが森田先生がこの前おっしゃっていたように、薬 vs薬ではなく標準治療を探るということだからなのかなと思いました。

 

ポイントブレークとはなんだろう。

今回は論文の見方の再確認をしたのでプライマリアウトカムしかみていません。脱落率なども確認せず、記事に忠実にみてみましたので吟味にはなっていないと思います。

日々精進いたします。