ruruuunのブログ

まったくの自分用メモ。ほかこんなこと考えてるよメモ。メモメモメモ。

医学論文の深い読み方WSに参加して

医学論文の深い読み方・使い方まとめ
 
お題論文
・論文のPICO
P:アジア系の非弁膜症性心房細動の患者さん
I :DOAC
C:VKA
O:
The efficacy outcomes include the composite of stroke or systemic embolism, ischemic stroke, myocardial infarction, and death from any cause; 
the safety outcomes were major bleeding, ICH, hemorrhagic stroke, andgastrointestinal bleeding.
 
1.研究は網羅的に集められたか
データベースPubMed database (from January 2009 to July 2014),clinical trial registries, and relevant conference proceedings
検索語usingthe terms AF, warfarin, apixaban, dabigatran, edoxaban, rivaroxaban,and stroke.
デザインWe consider randomized controlled trials comparing NOACswith VKAs in patients with nonvalvular AF.
参考文献The reference lists of published meta-analyses were alsoreviewed.
出版バイアスclinical trial registriesが含まれているが明確ではない。
重複PRISMA diagramよりduplicates removedの記載あり。
言語No language restriction was imposed
2.集めたものは妥当か
どんな基準でどんな評価か
Trials were eligible forinclusion if they (1) involved >500 patients with nonvalvular AF; (2)reported both long-term ef cacy and safety outcomes in Asian pa-tients; and (3) had follow-up 1 year.
質の評価については記載がない。
 
3.異質性は検討されたか
Heterogeneity between trials was assessed using the CochranQ statistic and I2 test.
 
4.結果は統合されたか
本文中には統合する際に用いたモデルの記載がない。
今回はRCT 4件
 
_φ( ̄ー ̄ )
今回の串刺し図でinteraction P=0.045など記載あるが、これは交互作用の検定の記載とのこと。
今回はアジア系か非アジア系かという人種差があるかどうかだが、シナリオの患者は日本人なのでアジア系のデータを見れば良いから、直接は大きく関係しない。(今回に限る)
 
ニャン号先生のレクチャー(自分用メモ)
・どちらのエフェクトモデルを使用して統合するかは研究計画の時に著者が決める。
・SRはそのSRをいつ行ったのかということが大切。
自分で探す時には、最新のSRをまず探す!!
→最新のSRから今までの研究を探す。
・情報は発信した人の意図が必ずあるということを忘れない!!!
・今回の論文ではサプリメンタルのアジア系の患者の内訳に、どこの国の患者が何%かなどの記載はない。そういうことも気にした方がいい。
 
◯論文の読んで(WS中に見ることができたもののみ)
アジア系の効果のアウトカムである、stroke or systemic embolism,all cause mortality/
安全性のアウトカムである、消化管出血以外のアウトカムで、DOACが有意に優れているという結果であった。
 
★私が気になったこと。
VKA群のアジア系のTTRが、全て平均65%以下なのだがもし管理がもっとよかったら、アウトカムに影響があるものなのか。
 
ニャン号先生のレクチャー(自分用メモ)
・DOACは長期のデータがまだ出ていない。
・DOACは半減期短いのに1日1回でいいのか。薬理学的に違和感を持つ。
・モニタリングが必要ないのではない。できないのだ。
・出血した時の拮抗薬がない。
・シナリオの患者さんはCHADS2=3、mHAS-BLED=2
ここでJ RHYTHMの日本人の出血リスク、血栓イベントリスクをスコア別に見てみる。
これを踏まえてシナリオの患者さんがWFを継続、DOACに変更、抗凝固療法をむしろ辞めるのか考えてみようということに。
 
同じグループからの意見
シナリオの患者さんは他にも薬を飲んでいるのに、抗凝固療法だけをやめるというのはどうか。
認知機能がすでにだいぶ悪い。今後も進行していくことが予想される。高齢であることも考え、服薬コンプライアンスは守られないだろう。抗凝固療法自体が害となる可能性もある。
それよりは、予想される寿命も考えて抗凝固療法自体をやめることも考える。
 
私以外の方が医師の方でしたので、その他多くの臨床経験をお話しくださった。
 
私の考え
認知機能も落ちてくることを考えると、到底服薬遵守はできないばかりでなく、独居も難しいと思う。見守り、もしくは入所を検討して服薬遵守できるならこのままの方が良いのでは。
ただし、今自分がわからないことはWFをずっと服薬していた場合、服薬をやめた時の梗塞のリスクがどの程度かということ。リスクが低いなら、多く飲みすぎたり、逆に飲まなかったりした時のリスクを考えると中止するという選択肢もあるのかもしれないと思いました。
J-RHYTHMもしっかり読んでみよう。
 
忘れないうちにメモしました。
今日は大好きな音楽でも聴いてゆっくりしましょ。