ruruuunのブログ

まったくの自分用メモ。ほかこんなこと考えてるよメモ。メモメモメモ。

尤度比に親しもう!

次の文献を参考にしました。
けいしゅけ先生のブログでも勉強させていただきました。
 
 
尤度比に親しもう!!
 
イリアム・オスラー
「医学は不確実性の科学であり確率の技術である」
 
臨床医学では、感度、特異度など「ベイズの定理」を利用して確率の技を実践してきた。
ベイズ的意思決定は人間の無意識下の問題解決思考や行動と同様の過程である。
 
ベイズの定理は条件付き確率のアイデアから生まれた。
 
 
 
診断に関するEBMといえば、感度、特異度、陽性予測値、陰性予測値、精度などがあるが、 感度と特異度をひとつにまとめた”尤度比(likelihood ratio)”は、検査前確率(有病率/事前確率)の影響を受けることがない指標として、非常に有効なものである。
 
たとえば、陽性尤度比(+LR)=感度/[1-特異度] 
 
ベイズの定理をオッズの形に変換すると
(事前オッズ)x(尤度比)=(事後オッズ)
 
確率とオッズの関係:
オッズ=ある事象が起こる確率/(1-ある事象が起こる確率)
ある事象が起こる確率=オッズ/(1+オッズ)
 
★それではある事象が起こる確率(事前確率)とはどのように予測するのか 
主に次の4つの方法から予測する。
1)臨床医としての個人の経験
2)院内でのデータベース
3)住民疫学調査による有病率
4)臨床研究の文献
 
尤度比
・尤度比が感度と特異度よりも用いられる利点は次の3つ
1.感度と特異度は有病率に影響されることがあるが尤度比は影響を受けない。
2.オッズを用いることでベイズの定理を掛け算で表すことができる。
3.結合尤度比は、ある検査(所見)が陽性である可能性が他の検査が陽性になる確率のよって影響を受けない(独立性が保たれている)場合、単にそれぞれの尤度比を掛け合わせた値になる。
 
 
例1)
狭心症診断について、8個の臨床研究(n= 11544人)を統合して得られたもので、A検査の陽性尤度比=5.8(95%CI 4.2-7.8)だとする。
そこで、検査前確率6%、診断検査Aを実施として、 ”概算”すると、図中(3)のように、確率(6/100)→pre-oddsは 6/(100-6)= 6/94 です。
 
診断検査Aを実施すると、事後オッズは、 pre-odds x LR(=約6)で、=36/94、=3/8。
 従って、解釈としては、事前確率6%で、診断検査Aを実施すると、3/8のオッズなので、「検査陽性者11人のうち、3人が虚血性心疾患を有し、8人が持っていない」となる。
事後オッズが3/8なので事後確率は27%ということになる。
 
 
一般にLRの評価としては、LR=1 というのは 全く意味がないことであり、5以上の高値 あるいは0.2以下の低値の場合、確定診断につながると解釈されている。
 
・尤度比の他の利点
臨床現場でよく見られる連続的な検査結果、例えば腫瘍マーカーの値がどれくらい高いと可能性どれくらい変化するかを示してくれる柔軟な優れた指標であること。
 
例2)
前立腺がんの腫瘍マーカーであるPSAの値の陽性尤度比の表を元に考える。
PSA値(μg/L)
検査者数
尤度比
(95%CI)
2未満
378
0.3(0.2-0.3)
2〜4
313
0.7(0.6-0.9)
4〜10
1302
1.0(0.9-1.0)
10〜20
421
1.5(1.2-1.8)
20より多
206
6.3(4.6-8.7)
 
カットオフ値は4μg/Lくらいが適当なのかもしれないが10μg/Lあたりはかなり曖昧で(尤度比1.0なので)20μg/Lを超えるとかなり腫瘍の存在の可能性が高くなることを示している。
 
尤度比を上手に用いると、血圧や体温、白血球数などのデータの高低や組み合わせを、有力な臨床判断の手がかりにすることができる。
 
例3)
インフルエンザのRIDTの診断価値について
ウイルス培養あるいはRT-PCRをゴールド・スタンダードとして吟味したメタ分析によると、統合解析による推定特異度は98.2%と高かったが、感度は62.3%と低かった。
陽性尤度比(LR+)は34.5
陰性尤度比(LR-)は0.38
であり、検査陰性時の有用性は大きくないということになる
検査前確率
検査後確率
陽性
検査後確率
陰性
10
79.3
4.1
50
97.2
27.5
70
98.8
47.0
90
99.7
77.4
 
表から、検査前確率が低い場合、検査陽性時には比較的高い検査後確率を持ちつつ偽陰性のリスクも高くない。
検査前確率が高いと陽性時の検査後確率に寄与するところは大きくないにもかかわらず偽陰性のリスクは大きくなっている。
本意思決定モデルを検査前確率が50%より上か下かに二分割して診療シナリオを考察して実地診療にしようするという試みも報告されている。
 
以上!!!
尤度比に親しめたかなー
おやすみなさい