ruruuunのブログ

まったくの自分用メモ。ほかこんなこと考えてるよメモ。メモメモメモ。

PKシートのテーブル番号の意味・・自己学習

参考としたサイト、書籍
臨床薬物動態学第3版
 
 
PKシートのテーブル番号の説明
 f:id:ruruuun:20180321165520j:image
上記のサイトより抜粋(フェンタニル)
4けたの数字からなる。
1)1桁目 Ae%(消失臓器:腎排泄vs肝代謝
  Ae ≤30:肝代謝型  1
  Ae≥70:腎排泄型   2 
 
2)2桁目 CL(臓器抽出比Ex:capacity limited vs flow limited)
  Ex≤0.3          capacity limited 消失能依存型  1
  Ex=0.3-0.7    moderate           中間型     2
  Ex ≥0.7         flow limited        血液流速依存型  3
 
3)3桁目 Vd
   Vd≤20L               Small          1
        Vd=20L-50L        Medium      2
        Vd≥50L               Large           3
 
4)4桁目 fuB
        fuB≤0.2                   Sensitive        1
        fuB≥0.2-1.0             Insensitive     2
 
 
例えば、フェンタニルは、Table番号 [1231]
代謝薬物(Ae%≤30)
0.3<EH<0.7,Vd≥50,fuB≤0.2
に特徴づけられる薬物に分類されることがわかる。
1: 肝代謝
2: 消失能依存型と血液流速依存型の中間型
3:Vd ≥50L Large
1:fuB≤0.2 血漿蛋白結合依存型
 
table番号のところをクリックすると図[B]へリンクする。
[B]病態の変化に伴う血中総濃度・遊離形濃度の推移を示すグラフ
 
例えば、fuBが増加する場合はTDMの治療域が下がるので、フェンタニルバッカル錠を単回急速静脈投与とすると、
[B]から
kelは↓
AUCは↑
血漿アルブミン濃度が低下しているような場合は、注意する必要がある。と言える。
 
 
★次に疑問となるのが、血漿アルブミン値の程度によってどのくらい効果、安全性に影響があるのか。
 
★その他問題になるのが、現在の病態が他のパラメータに変動はないのかということである。
 
臨床薬物動態学のテキストp197に、そのことが言及されている。
 
 
まとめとして
薬物のPKパラメータの特徴づけと病態時における文献情報を組み合わせることにより、病態時における遊離形濃度の動きを比較的定量的に予測できる可能性がある。p199に設計の手順が記載されている。
 
 今日はここまで