ruruuunのブログ

まったくの自分用メモ。ほかこんなこと考えてるよメモ。メモメモメモ。

腎機能の評価〜自分用まとめ

腎機能別薬剤投与量ポケットブック、薬局で使える実践薬学の書籍からまとめ
 
★必要なパラメータがそろっているか。
CG式:Scr、年齢、体重
eGFR:  Scr、年齢、体重、身長
 
★添付文書の腎機能の記載について。
添付文書に記載されている腎機能はCcr≒GFRと考えて構わない。
 
★薬物投与設計にはeGFR(mL/min)体表面積未補正を使う。
 
●肥満患者では
→eGFRは体格(身長と体重)が考慮されているため肥満患者の腎機能としてそのまま使用して構わない。
→パラメータが足りずにCG式を使うなら理想体重を用いて求める。
 
例)150cm 70kg 70歳 女性 Scr=1,3mg/dL
 
eGFR(未補正)=30 mL/min
CCr  =42.59mL/min
 
理想体重 42.83kgでCCrを求めると
 
CCr=26.06mL/min
 
となる。
 
●痩せた高齢者では
→eGFRは高く推算されることが欠点。
→Cys-Cは100%糸球体濾過されるので、筋肉量に依存せずに腎機能を正しく評価できる。
 Cys-Cから求めたeGFRをもちいる。
→いわゆるフレイル患者ではSCrからのeGFRは腎機能を過大評価してしまうため、SCrのみわかる場合はCG式を用いた体表面積未補正CCrを適宜使っていくと良い。
 
*もしCys-Cの値、パラメータが足りなかったら
次の予測式をつかってみる
 
高齢CCr=若年者CCr[100mL/min]x([年齢-25]x0.01)
 
*SCr<0.6mg/dLなら
その数値だけからは、腎機能が良いのか悪いのかわからない。
自分の目で患者の体格を確かめる。フレイル症例では0.6を代入して腎機能を推測する。
 
 
コーヒーブレイク☕️
近隣の病院からはeGFR(未補正)が検査値で与えられる。
 
年齢体格によっては、その値がSCr、Cys-Cのいずれからの値なのか確認が必要。
SCrが低い患者にあったら、本当に腎機能がいいからなのか、栄養状態が悪いからなのか必ず患者を見て判断すること!!
 
忘れずに実行!