ruruuunのブログ

まったくの自分用メモ。ほかこんなこと考えてるよメモ。メモメモメモ。

原発性アルドステロン症まとめ

高血圧治療ガイドライン2019、uptodateを参考にまとめ。
 
1.二次性高血圧
【疫学】
二次性高血圧の頻度は、少なくとも全高血圧患者の10%以上にのぼる。
特に原発性アルドステロン症は高血圧患者の5-10%をしめるとされる。
 
【特徴】
本態性高血圧症では家族歴が濃厚。血圧は20-30歳代から高め。加齢に伴って高くなる。
二次性の疑い:
・若年発症の重症高血圧、50歳を過ぎてからの高血圧
・それまで良好だった血圧の管理が難しくなった
・急速に発症した高血圧
・血圧値に比較して臓器障害が強い
・血圧の日内リズムの異常を伴う
 
2.原発性アルドステロン症(primary aldosteronism)
【特徴】
有病率:5-15%
アルドステロンの自律的分泌と血漿レニン活性(PRA)低値
カリウム血症は典型例のみで認める。
脳血管障害、冠動脈障害、心房細動などの不整脈、末梢動脈疾患などの心血管合併症が本態性高血圧患者より3-5倍多い。
 
本文より
meta-analysis of prospective and retrospective observational studies
We aimed to assess the association between primary aldosteronism and adverse cardiac and cerebrovascular events, target organ damage, diabetes, and metabolic syndrome, compared with the association of essential hypertension and these cardiovascular and end organ events, by integrating results of previous studies.
 31 studies including 3838 patients with primary aldosteronism and 9284 patients with essential hypertension. 
平均8.8年の観察で原発性アルドステロン症の患者は次のリスクが増加したことが認められた。
stroke (odds ratio [OR] 2·58, 95% CI 1·93-3·45)
coronary artery disease (1·77, 1·10-2·83)
atrial fibrillation (3·52, 2·06-5·99)
heart failure (2·05, 1·11-3·78)
 
【薬物治療】
治療方針の決定には疾患の特徴(高血圧、低カリウム血症の重症度、性別や年齢)、患者の希望(副腎摘出術への希望、治療方針に対する納得、医療費)などから決定する。
そのうち、薬物治療について。
薬物治療により、血圧、血清カリウム濃度のコントロールとPRA非抑制を目安にMRAの用量調整を行えば、本態性高血圧の脳心血管リスクと同等であることが後ろ向きコホートで示された。
 
ファーストラインの薬物療法を確認する。
 
uptodateより抜粋
First line: Mineralocorticoid receptor antagonists 
Spironolactone has long been the drug of choice; eplerenone represents a newer, more expensive alternative with fewer side effects.
 
Efficacy — One open-label study suggested that spironolactone and eplerenone have a similar effect on blood pressure in patients with primary aldosteronism . However, a randomized, clinical trial in patients with primary aldosteronism reported that spironolactone was more effective for hypertension than eplerenone .
 
本文より
A double-blind, randomized study comparing the antihypertensive effect of eplerenone and spironolactone in patients with hypertension and evidence of primary aldosteronism.
spironolactone (75-225 mg once daily) or eplerenone (100-300 mg once daily)
Changes from baseline in DBP:
eplerenone (-5.6±1.3 SE mmHg) 
spironolactone (-12.5±1.3 SE mmHg) [difference, -6.9 mmHg (-10.6, -3.3); P<0.001]. 
Although there were no significant differences between eplerenone and spironolactone in the overall incidence of adverse events, more patients randomized to spironolactone developed male gynaecomastia (21.2 versus 4.5%; P=0.033) and female mastodynia (21.1 versus 0.0%; P=0.026).
 
アルゴリズムでもまず、スピロノラクトンを投与してそれに忍容できなければエプレレノンとある。
コストの問題もあるからだ。
 
ここの部分は日本の高血圧治療ガイドライン2019とニュアンスが違う部分だ。
日本のガイドラインp188からは、コストの問題や、まずスピロノラクトンで、という部分は汲み取れなかった。
 
高血圧が持続するなら、チアジド系利尿薬や、ACEiを追加する。
 
●結び●
今回は原発性アルドステロン症の疫学、特徴、ファーストラインの薬物療法のみまとめた。
 
今日は風が強く、雨がこれから降ってくる模様です。