ruruuunのブログ

まったくの自分用メモ。ほかこんなこと考えてるよメモ。メモメモメモ。

EGFR阻害剤によるざ瘡様発疹の治療

EGFR阻害剤によるざ瘡様発疹の治療のステップがuptodateにわかりやすく載っていたので訳してみた。
 
 
重篤度CTCAE ver.4                          介入
GEADE 0
予防的なケア:SPF≧15 の日焼け止めを塗る。
       保湿クリームでケアする。
       やさしいスキンケアの仕方を教える。
    ⬇︎
GRADE 1
現在の投与量で抗がん薬を継続する。そして重篤度をモニターする。
・ヒドロコルチゾン2.5%クリームとクリンダマイシン1%ゲル
 
2週間後に再度アセスメント(ヘルスケアのプロフェッショナルな職種と患者本人)
もし悪化、もしくは改善が見られない場合は次のステップへ進む
    ⬇︎
GRADE 2
現在の投与量で抗がん薬を継続する。そして重篤度をモニターする。
・顔 首:ヒドロコルチゾン2.5%クリーム、アルクロメタゾン 0.05%クリーム 胸 背中:フルオシノニド0.05%クリーム
AND
・ドキシサイクリン100mgORミノサイクリン100mg/(1日2回)
 
2週間後に再度アセスメント(ヘルスケアのプロフェッショナルな職種と患者本人)
もし悪化、もしくは改善が見られない場合は次のステップへ進む
    ⬇︎
GRADE 3
感染が疑われるなら、細菌・ウイルスの培養を行う。
そして次のようにケアを続ける。
・顔 首:ヒドロコルチゾン2.5%クリーム、アルクロメタゾン 0.05%クリーム 胸 背中:フルオシノニド0.05%クリーム
AND
・ドキシサイクリン100mgORミノサイクリン100mg/(1日2回)
AND
プレドニゾロン0.5mg/kg (7日間)
・イソトレチノイン(日本では未承認)
 
2週間後に再度アセスメント
もし悪化、もしくは改善が見られない場合は,EGFR阻害剤を休止、または中止する。
患者ごとに判断する。